読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライニツナガルナニカ

人事採用コンサルタントの前田が日々感じたことを中心に書いています。

iPhone歴8年目の僕が選ぶアプリ10選~2017年版

ガジェット 日記・雑記

初めてスマホを買ったのは2009年のiPhone 3GSでした。初代はあまり興味がわかず、3Gが出てムムムと思い、3GSが出たタイミングでガラケーから機種変更したのがiPhone を使い始めたきっかけでした。

と使ってきましたが、今回の機種変更を通じて“やはりこれは使ってるな”というアプリ10選を書いてみます。

f:id:miraikassei:20170221002238j:plain

僕自身、他人の“お薦めアプリ10選”をいくつか参考にしながらappストアでダウンロードしてきました。iPhoneを使う用途そのものはあまり変わらずにきましたが、その時々の流行りというか定番アプリを使ってきたので、並べてみると面白くもなんともないですが、将来振り返ったら何か感じるものがあるかも思いまして書いておきます。(その程度の記事です)

そういう観点ですのでiPhone 標準のアプリとSNS系アプリは外しましたのでご了承ください。

それでは2017年2月現在のベスト10の発表です 

1位:Google系アプリChrome、Map、カレンダー、Keep、Photo)

パソコンはWindowsを使っていることもあり、ブラウザも地図もカレンダーもGoogle系で同期させています。使用頻度が高かったのもあり、一つにまとめてしまいました。

Keepサッと起動して、さっとメモして、必要なときに必要なメモがさっと見つけられるという使い勝手がお気に入りです。書いたテキストの量で表示窓の大きさを調整してくれるのもいい感じ。標準のメモアプリより便利だと思います。

PhotoはスマホタブレットとPCなどの写真を統合して保存できるので、各端末の容量を圧縮できるのがいいですね。

これらが無料というのがやはりさすがというか・・・・。

2位:Evernote

iPadでも手書きノートを書いたり、スキャナと連動させたりと、あらゆる情報をEvernoteに保存しています。ノートブックの作り方とタグの使い方が肝心ですが、まだ僕は試行錯誤中です。

3位:Skype

Zoomなど新しいコミュニケーションツールも出ていますが、コミュニケーションツールは当事者同士が同じアプリを持っていることが前提(今のところは)という面でマイクロソフトの傘下にはいったSkypeは相手を選ばずに通信できるところが強いですね。

4位:Eight(名刺管理アプリ)

起業するまではかなり使用頻度が高かったアプリの一つです。名刺を写真で撮影するとオペレータが入力代行してくれるという画期的なサービスです。自分が撮影してアップロードした名刺の持ち主が、同じくこのEightを使うと、画像が置き換わってしまうのがいいのか悪いのか・・・。自分は名刺に「いつ会った人か」や「キーワード」をメモしておくのですが、それが置き換わることで探しにくくなるのですよね。選択式になるといいのにと思います。

5位: 日経新聞

多くは語らず。定番アプリです。といいつつも、実際に読むのはiPadですが。

6位:NAVITIME

電車、バス、車でルート検索ができるのは、標準の乗り換え案内よりも便利ですし、Googleマップの経路案内より僕は見やすいと感じますね。(マップそのものはGoogleマップをよく使いますが)

7位:はてなブログ

これは昨年から使い始めたアプリですが、日々の投稿にはスマホアプリの有無で全然違ってきます。外にいることも多いので、スマホiPad、PCとそれぞれの端末の使いやすい環境に応じて使っています。

8位:OneDrive

僕はオフィスアプリをサブスクリプション形式で使っていますので、OneDriveが1TB分使えます。ということもあり、自宅オフィスにあるNASにリモートアクセスするのではなく、一部ファイルだけOneDriveで管理することで利便性と機密性のバランスをとっています。

9位:RunTastic

これは、完全に趣味アプリで、昨年のマウンテンバイクレースへの練習あたりから使い始めているフィットネス管理用です。使っている人も結構多いと思います。ランニング、サイクリング、ウォーキングなどの履歴を残しておけるのと、AppleWatchで心拍数も計測できるので、ランニングの時のペース管理にも重宝しています。

10位:ChatWork

いくつかのコミュニティで使っていまして、PCでもスマホでも動作が軽くサクサクでき、添付ファイルもわかりやすく格納できますね。権限設定が簡単にできるのでクローズドのコミュニティ内でのチャットがしやすいのは便利。

 

さて、来年は何が変わってて、何が変わらないかをチェックしてみたくなりました。翻訳系ツールとかが充実しているのかもしれないですね。もしくは健康測定系をもっと使っているかもしれません。 

本日は以上です。ありがとうございました。