読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライニツナガルナニカ

人事採用コンサルタントの前田が日々感じたことを中心に書いています。

リハーサルは大事ですわ

コンディショニング

先週、ハーフマラソン大会に向けて、初めてその距離を走ったわけですが、実際の大会のコースとか集合時間とかの確認ができていなかったこともあり、今日はリアルな会場に行ってきました。

(先週の記事はこちら) 

miraikassei.hateblo.jp

多摩川の河川敷の脇にあるマラソンコース?的なところで走る・・・はずです。(土手の上は幅が狭いから土手の下のこっちだよなぁという推測)

当日のコースは、

  1. 二子橋から下流に向かう
  2. 丸子橋を通過してガス橋で折り返して上流に向かう(6.5km)
  3. スタート地点まで戻って折り返して再度下流に向かう(13km)
  4. 丸子橋で折り返して上流に向かう(17kmちょっと)
  5. スタート時点がゴール地点(21.095km)

とのことでしたので、それにならって走ってみました。

 

f:id:miraikassei:20170211193936j:image

 結論、やっぱり行ってきてよかったです。というのも、

  • 先週とほぼ同タイムで走れたので、先週はまぐれじゃないことが分かった(実はこれが一番確かめたかったこと)
  • 駒沢公園は舗装路ですが、ここは固く締まってはいるけどダートで、ところどころ砂が深いところがあるので走り方というか“違いがある”ということ(雨上がりだとかなりぬかるみそう)
  • 駒沢公園は10週の周回でしたが、今回は折り返し地点が違う2往復コースなので、ペース配分がよくわからなかった。
  • 駒沢公園は周りに木があるから風の影響は、ここより軽微な感じ。今日は風が弱かったが、それでも時折強く吹くと、向かい風だとキツいかも。
  • 当日も会場まで自転車で行こうと思うので、ハーフを走った後の疲労感や体の冷えとかを事前に確認できた(自転車は漕ぐことができるが、やはりちゃんと防風のアウターを着ないと体が冷えるとか)

天気が良くて風が弱いと本当に気持ちがいいコースですね。またリハーサル第2弾をしたいと思います。

さて、このリハーサルって仕事にも通じるなぁと思いました。できるのかできないのかを事前にアレコレ頭の中で想像することも大事ですが、ある程度起きることを想定したならば、“実際に試してみる”ことが物事の有効性を図るには早いですし確実ですね。

例えば・・・

  • 会場が分かりやすいのか分かりにくいのか(案内が有無、街頭の有無など)
  • その時間帯の会場の様子はどうなのか(他イベントが同時開催の可能性の有無など)
  • 会場の設備状況(映像や音声の機材の使用可否など)
  • 上記に関連して自分達が用意すべき準備物
  • リハーサルして実際のタイムテーブルに無理がないか分かりやすいか(ペース配分含めて)
  • シンプルに練習量として

本番を心穏やかに迎えるためのリハーサルはとても有効ですね。

気分よく走れまして、帰りも普通に自転車で帰ることができましたので、自分へのご褒美として、濃厚系つけ麺をランチでいただきました。走った分以上のカロリーを摂取して本日は終了です!ちゃんちゃん!